メンズエステというと世間一般的には、真面目なエステティックサロンのことを指します。男性も女性も、風俗的な知識が全くなければそのようなイメージしか湧かないことでしょう。特に女性であれば、リゾート地などに旅行に行った際に利用するものという、ちょっと高級感のあるサービスを想像するはずです。しかし、現在では世の中にはメンズエステという業界/ジャンルのお店が無数に存在しています。例えば、東京都内のエリアから地域を絞り込んでメンズエステと調べてみると分かりますが、そのウェブ検索結果で出てくるサイトの多くが、風俗系を匂わすお店であることは直ぐに判断が付くでしょう。しかしながら、厳密には風俗であるお店とそうでないお店に別れることまでは、なかなか認知されないものです。例えば、「性感」「回春」と謳っているお店に関しては、性風俗的なサービスが含まれているため、確実に風俗店です。それ以外のお店になってくると、性風俗的なサービス内容の表記がないだけですが、非風俗店になります。この違いが分かりやすいようで、利用未経験の人には違いが分かりにくく勘違いをしてしまう人が非常に多いことでしょう。性風俗的な表現をしていないお店は、決して直接的な過激な表現を避けることでクリーンなイメージを抱かせているような目的はありません。また、実際に表現しにくいサービスを有しているが公表していないわけでもありません。風俗店を運営するには公安への届け出が必要です。届け出を済ませているお店は、性風俗サービスを提供できますが、そうでないお店は出来ません。つまり、性風俗的なサービスを謳っていないお店は、確実に風俗店ではありません。ですので、どのような期待を込めて利用をしたとしても、絶対に性的なサービスを受けることはできないのです。もちろん、風俗店の届け出をしていないお店が性風俗サービスを提供しようものならば、違法ですので運営者は逮捕されてしまいます。ここで注意しなければならないことは、メンズエステという密室でどのようなことでもできる状態だからといって、法の抜け道などは存在はしないのです。多くの人が記憶に新しい、芸能人がエステ店を利用して婦女暴行などの事件もそのような類の認識の誤りから発生していると考えられます。サービスを提供してくれる女性セラピストといくら仲良くなったとしても、そこはお店という空間です。プライベートな交流をしているわけではありませんので、何かがあれば当然問題となるでしょう。自宅に女性を派遣してもらっても同様です。あくまでも個人的に会っているわけではないからです。こういった状況を加味すると、メンズエステを利用する時は、まずは風俗店であるのかそうでないのかの確認はしっかりとした方が良いでしょう。また、万が一女性セラピストと良い関係が築けたとしても、勘違いではないか冷静に考えた方が良いでしょう。もしも良い出会いがあったとしても、多くの場合は風俗店型のメンズエステでなければ、そもそも可能性すら低いはずです。